大きな保障を安く提供するのが定期保険

民間の保険といえば一番メジャーなものが定期保険です。定期保険とは、手ごろな掛け捨て保険で大きな保障を得ることが出来るので利用している方も多いようです。
契約した期間内に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が降りる他、病気などで大きな障害が残った場合は高度障害保険金が支払われるなどかけておくとかなり安心な保険といえます。
満期がなく掛け捨ての場合が多く、そのため終身保険や養老保険より保険料が安いことが特徴です。

 

基本的に保険代理店、生命保険会社で加入することが一般的です。
最近では郵便局の保険や銀行などでもプランを設けている場合がありますので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。
大きな障害、死亡時まで保障してくれるので特約をつけてこれ一本で良いといえるカバー力の大きい保険です。
保険期間は短期から長期まで色々なプランがあります。貯蓄型の保険と違い満期はありませんが、月々支払いの保険金は安く保障は手厚いので、若い世代の利用者も多いようです。
また、長期の定期保険は法人契約で利用される場合もあるようですね。

若いときに必要だけど中年以後は金食い虫の定期保険

定期保険は終身保険と違い保障される期間が決まっています。
例えば十年間保障や定年を迎える年までといった契約が多いようです。
定期保険のメリットは安い保険料で手厚い保障を受けられることです。

 

掛け捨てなので終身保険よりかなり安く、重度の障害や死亡まで保障されるので若い世代、また、結婚や子供の誕生などのライフスタイル変化を受けて契約する場合が多いようです。
しかし若いころは十年二十年の掛け捨て保険でもいいですが中年期、高齢期に近づくとあまりお得ともいえなくなってきますので注意が必要です。
定期保険のデメリットとして更新の際に保険料が上がっていくことが挙げられます。

 

はじめのうちは安く済んでいても気がつくと終身保険並に支払っていたということもあるようです。
高齢になるにつれて保険期間を過ぎると保障が切れる定期保険より死亡まで確実に保障される終身保険のほうが良かった、という場合も多いです。
切り替えることはできますが貯蓄型の保険の場合はあまりもらえる額が多くないということにもなうrので、定期保険に契約する前によく考えておきたいですね。

 

定期保険の弱点を収入保障保険で支援する

最近の生命保険の中でかなりメジャーになったのが収入保障保険です。

 

収入保障保険とは、被保険者が死亡した際など、決められた年月まで契約時に決められた金額を一定で受け取れるという保険です。
例えば平成二十年二月に契約、万が一があった場合は毎月十万円を平成五十年二月まで受け取れる。
万が一が平成三十年二月の場合は毎月十万円を二十年間受け取り続ける
万が一が平成四十年二月の場合は毎月十万円を十年間受け取り続ける
こんな感じです。
収入保障保険は一括で多額の保険金を受け取るタイプに比べると、保険金受け取り総額が年々減っていくのを加味して保険料がかなり安く済むので、これから先多くの家庭で利用されている保険といえます。
外資や損保系の生命保険会社の収入保障保険商品は、健康状態や生活状態によって保険料が割引される場合もあるようですね。

 

通常の定期保険だけでは中年以後の更新で保険料が上がるのが不安という方、世帯収入があまり高くなく被保険者の死後の生活が不安という世帯、一括で高額な保険を受け取ることが出来ない、または抵抗があるという方、長期的に保障を受けたいという方におすすめの保険です。

 

定期保険だけでは保険料が高くなるのが欠点になりますし、例えば五十歳になったときの家族の生活を守る目的の保険金は若い頃の半分もあればいいのです。
そういった場合に、定期保険の保険金と保険料を減らして、収入保障保険に加入しておくと安心ですね。
死亡保障は受けたいけど高額な保険料を払うことが出来ないという場合はとりあえず収入保障保険を利用するといいでしょう。
保険会社によってプランが様々あるのが特徴のひとつです。自分に合ったものを探したいですね。

 

 

 

注目しよう 生命保険の専門家に無料相談して、無駄の無い保険に!

 

保険マンモスHP

 

保険マンモス

 

熟練のファイナンシャルプランナー(FP)資格保持者があなたのオタクや会社に来てくれる超便利サービス!もちろん生命保険相談は何度でも無料!

 

保険クリニックHP

 

保険クリニック

 

知名度は若干低めですが、15年も生命保険の相談を続けている実績が凄い。店舗相談訪問相談のどちらでも可。保険相談は何回でも無料!

 

ほけんの窓口HP

 

ほけんの窓口

 

有名なので派手に見られがちですが、実は超紳士的な保険相談。日本一を誇る店舗数が魅力。生命保険の無料相談はまさに何回でも無料!


このページの先頭へ戻る